TOPICS詳細

2014.10.09

次世代自動車セミナーを開催しました。

山形県石油協同組合
組織活性化新企画委員会

 

平成26年9月24・25日および29・30日、山形市・三川町において『次世代自動車対応研修会(低電圧取扱者特別講習)』を開催しました。

 

 

 

本講習は、全国で約650万台(10台に1台)が走るハイブリッドカーに対し、私たちSS業界がこの安全走行、安心な自動車社会の実現に寄与すべく、これら社会負託に応え得る知識・技術習得を目的に開催いたしました。

 

いかに燃費性能が向上したとはいえ、SSは、一度不測の事態が起きれば消費者(オーナードライバー)に一番身近な駆け込み寺的位置におり、顔の見える(車の)町医者でもあります。

 

 

 

ハイブリッドカーにはガソリンエンジンに加え電気モーターが備えられているため、危険物取扱者免状だけでは携われず、厚労省の法令に基づく特別教育研修の受講が義務付けられております。

 

 

 

 

 

 

 

このため、本セミナーにご参加の組合員各社社員の方々には、大変熱心に受講いただきました。

 

 

 

最終日には、2日間で学んでいただいた内容について、確認テストを実施し全員合格、修了証交付の運びとなりました。

 

 

今後、最新の自動車情報とこれら取り扱う技術を持ったスタッフが、お客さまの安全走行をサポートしていくこととなります。

さらに今月、「点検・整備編」として、より高度な技術習得のためのセミナーも開催します。

 

「安全で安心な自動車社会の実現はSSから」発信できるよう、取り組んで参りたく存じます。

組合員各位におかれましては、引き続き、本趣旨ご理解の上、社員の方々のご派遣をお願いいたします。

 

 

 

TOPICS